どくたーぺっぱーちぇりお

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

xubuntu11.10をDLNAサーバーにしてiPad2で動画再生するには

Linuxでは、一般的にMediaTomb というサーバープログラムを使うようです。

1.MediaTombインストール
2.MediaTomb設定
3.iPadの設定
4.セキュリティ設定(iptables)

1.インストールしてみます
sudo apt-get install mediatomb
> mediatomb start/running, process 4006

もう勝手に起動しているようです。ubuntu系っていつもそうですね。
更に、sqlite3が入ってるのを察知して、勝手に設定してくれたようです
万一入ってない場合はあらかじめ入れましょう→sudo apt-get install sqlite3
もちろん、sqlite3でなくとも、mysqlやpostgresでもOKなようです。

2.設定いくつか。
mediatombの設定は、/etc/mediatomb/config.xmlに記録されていましたので、
これをテキストエディタで編集すればOKです。

sudo vi /etc/mediatomb/config.xml

2-1.Webブラウザで見れるようにする設定らしい。

なぜか初期ではnoになってるので、このようにyesに変更する
ユーザー名とパスワードを決め、入れる(あとでWebブラウザで使います)

    <ui enabled="yes" show-tooltips="yes">
      <accounts enabled="yes" session-timeout="30">
        <account user="darkcherry" password="xxxxxx"/>

2-2.日本語ファイルを読み込むため、この2行のあいだに、1行追加。
  <import hidden-files="no">
    <scripting script-charset="UTF-8">

このようにします。
  <import hidden-files="no">
    <filesystem-charset>UTF-8</filesystem-charset>
    <scripting script-charset="UTF-8">

日本語ファイルを読み込む=ファイルシステムをUTF-8にする、とまぁこのままのような。
初期状態では、英語のみだったようです。

2-3.任意設定
ほかにも設定はあります。でも、どっちでもいいよ。

これは、PS3で使えるようにする設定らしい。試しにやってみています
    <protocolInfo extend="yes"/>
    <extension-mimetype ignore-unknown="no">という行があり、その次に map fromというのがたくさん並んでいます。
どうやらここにファイルタイプを設定するようです。
適当に追加しておきましょう。
        <map from="mpg" to="video/mpeg"/>
        <map from="mpeg" to="video/mpeg"/>

2-4.設定編集完了
編集ができたら、mediatombを再起動してみましょう。
/etc/init.d/mediatomb restart

アプリケーションメニュー>マルチメディア>MediaTomb
で既定のWebブラウザが開きます。2-1で設定したユーザーとパスワードでログインです。
ログインできたら、動画が入ったパスを追加してください。

そこには、こんなコマンドが入っていました。(コマンドとして実行しても良い)
/usr/bin/x-www-browser /var/lib/mediatomb/mediatomb.html

3.iPadを設定して、動画を見てみる
先にiPadは、wi-fi(無線LAN)でつながっているものとします。
動画などは、wi-fiでストリーミング放送のように再生されます。
iPadアプリのMLPlayer Liteを使って、ゆるっとした動画を再生してみました。
MLPlayer Liteを起動して、更新ボタンを押すと、
MediaTombというのが、Server Listの中に自動的に追加されます。
Webブラウザで動画を登録してあれば、もうそのままフルスクリーンで見れる状況です。
例:\アッカリーン/(お好みで)

MLPlayer Liteはmp4のみかもしれません。
数百円の有料アプリを買うといいとか。
とりあえず、mp4だけでいいかな。っと思うのですが、一応他の無料プレーヤーアプリでどうか調べてみました。
Fusion Streamは、MLPlayerと同様、とても簡単にmp4動画が見られる感じです。
codecの権利の関係かもしれませんが、aviなどは有料のプレーヤーでないと再生出来ないようです。
なので、現状では、aviなども対応したプレーヤーが必要な方は、アプリを購入するといいかと思います。
個人的には、買わない(そもそも、買うとしたらどれを買ったら良いのか?)

あとMedia Connectは、1回見れたのですが、2つめのファイルを選択したら警告が出て有料版を買え、みたいな(^^;)体験版にしても、もうちょっとあれこれ試さないと買えない気が。
他、出来るのかもしれんが、ちょっとやり方がわからない(PCじゃないので、そういうの疎くてもいいよね)AviVideoFree, ReadyDLNA, Javelin Live, Flex Player, yxplayer2 lite

あとは、使ってみて考えましょう。

4.セキュリティについて
このmediatombの場合、ちょっと挙動が恐い(あまりに色々と、楽に出来すぎる)ので、
ユーザー名とパスワードによる認証だけでなく、セキュリティ設定を施すべきだと思います。
最低限、iptablesで。
具体的にどう設定するのかというと、mediatombが使用しているポートが2つありました。
UDP 1900を、UPnPとして使用しているようです。
TCP 49152がDLNAサーバーであるmediatompのWebページです。

これは一例ですので、ネットワーク環境に合った設定にする必要があります。
他にも開けるべきポートがあるのなら、それもテキスト内に書いて保存する必要があります。
ディレクトリ作成
mkdir /etc/network/iptables

vi /etc/network/iptables/rules.sh
(以下の20行をテキストエディタで保存する)
#!/bin/sh

iptbl=/sbin/iptables
loarea="192.168.0.0/24"

$iptbl -F
$iptbl -P INPUT DROP
$iptbl -P OUTPUT ACCEPT
$iptbl -P FORWARD DROP

$iptbl -A INPUT -i lo -j ACCEPT
$iptbl -A OUTPUT -o lo -j ACCEPT
$iptbl -A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

# DLNA with UPnP
$iptbl -A INPUT -p udp -s $loarea --dport 1900 -j ACCEPT
$iptbl -A INPUT -p tcp -s $loarea --dport 49152 -j ACCEPT

$iptbl -P INPUT DROP

その後、実行権限を付与
sudo chmod a+x /etc/network/iptables/rules.sh

試しにおそるおそる、実行してみる(笑)
sudo /etc/network/iptables/rules.sh

問題なければ、xubuntuで、次から毎回自動起動する設定。
sudo ln -s /etc/network/iptables/rules.sh /etc/init.d/iptables
sudo ln -s /etc/network/iptables/rules.sh /etc/rc2.d/S70iptables
sudo ln -s /etc/network/iptables/rules.sh /etc/rc3.d/S70iptables
sudo ln -s /etc/network/iptables/rules.sh /etc/rc4.d/S70iptables
sudo ln -s /etc/network/iptables/rules.sh /etc/rc5.d/S70iptables
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://doctorpeppercheerio.blog.fc2.com/tb.php/62-cfff8802

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

だーくちぇりー

Author:だーくちぇりー
名前:darkcherry(だーくちぇりー)
特技:器用貧乏
職業:まぜまぜ屋

QRコード

QR

検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。