どくたーぺっぱーちぇりお

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とても便利な機能には、いつも何か裏があるよね

http://takagi-hiromitsu.jp/diary/を読もうとしていたが、503が出たー


503って何かというと、httpというWebサービスのエラー番号であり、ステータスコードと言われるものだ。
ちなみに、もっとよく見る番号として、問題ない場合は、200であり、ページが表示される。そんなページ無いよ、という場合は404である。細かく言えばこんな感じ。
で、503の場合、具体的には「Service Temporarily Unavailable」のことを指すが、これは
「アクセス集中により一時的に同時利用者数制限がかかっています」
このような意味であり、サーバーのトラフィックが増加しすぎて一時的に処理出来なくなってるときなどに、よく出る。ブラウザであちこち見てる人にとっては、常套句のように感じる事と思う。


しかし、今回この503のあとに、このような表示があって、ちょっと気になった。
「お知らせ: Firefoxに先読み機能の拡張機能を導入している方はご遠慮ください。一瞬にして何十件ものアクセスが集中して503エラー状態(Service Temporarily Unavailable)となり、他の方が読めない原因の1つとなっています。」
表示しようとしていたページに適用したブラウザはFirefoxであり、しかも先読み機能の拡張機能を導入しているため、俺は遠慮しなくてはならないのか・・・ガッデム

AutoPagerizeというのを使っていて、たとえば20件の検索結果が表示されたときに、
20件をスクロールしていて、いちばん下まで到達すると、まぁ大抵の場合、1 2 3 4 ・・・ >(次へ)みたいなのが出てきて、次へをクリックしてようやく21〜40件を見れるわけなのですけれども、これが20件めの下まで来たのを自動的に検出し、とくに気にせず、件数だけが勝手に増えてくみたいな感じに勝手になってくれます。

しかし実際どうなのか、この人(あるいはこのサーバー管理者?)は、サーバーのログを見るなどして、AutoPagerize(を名指ししているわけではないし、他にもあるのかも定かではないが)の挙動を試したのだろうか。あるいはこのスクリプトのソースコードを読んだのだろうか。あるいはサーバーログを見たのかな・・・。

まぁ結局、問題のページはgoogle chromeで見たわけなのですけれども。
何が個人情報なのか履き違えている日本
という記事があって、個人情報保護法がいう「個人情報」とは何かとか、ものっすごくわかりやすい話でした。

AutoPagerizeがサーバーに与える影響については、ぐぐってもよくわからず。
むしろFirefox自体が、つまりサーバー側でなくてPC側が重くなる、という話もあるようだが。
サーバー側が重くなるかどうか?については、またの機会に検証出来れば、ということで。
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://doctorpeppercheerio.blog.fc2.com/tb.php/60-6c86b82c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

だーくちぇりー

Author:だーくちぇりー
名前:darkcherry(だーくちぇりー)
特技:器用貧乏
職業:まぜまぜ屋

QRコード

QR

検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。