どくたーぺっぱーちぇりお

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu11.04にAptana Studio 3.0.4をインストールして、楽にRuby on Railsしよう

Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング を読んで半分くらいまで来たところで、
とりあえず一気に最後まで読んでしまった。

4.ビュー開発
4.1ビューヘルパー
InputBox、検索、TextArea、ListBox、グループ化、配列、日時等
4.2画面上の文字列、数値、日付の加工
4.3ハイパーリンク
4.4画像、音声、動画、JavaScript、スタイルシート、フィード、Favicon、外部リソース
その他、自作、レイアウト定義、部分共有テンプレート

5.モデル開発
検索メソッド(Find,Query,Exists,scope,count,average,sql)
5.4レコードの追加、更新、削除
5.4.6トランザクション
5.4.7オプティミスティック同時実行制御
5.5検証機能(文字や数字入力データの正当性チェック)
Acceptance,Conifrm,Unique(一意)
5.6Assosiation(リレーションシップ)
5.7コールバック
追加、更新、削除の処理の後に追加処理を行う
処理の定義
5.8マイグレーション

6コントローラ開発
7ルーティング
8テスト
9高度な機能(Ajaxなど)

だいたいこんな感じだった。もう基本的なことは全て理解したため、
今後は使いたい機能を選び、かいつまんで学習しながら、どんどん使っていけば良さそうだ。

そこで、IDEがあればな、と思った。
そもそもエディタとして、vimとLeafpadくらいしか(場合によって、勝手にgeditが起動するが)
使っていなかったので。
どうせなら、もうちょっとコーディング速度向上に貢献しそうな何かが欲しい。
そこでちょっとgoogle先生に問い合わせてみたが、カッチリしたIDEは、Aptana Studio以外には特に無いようだ。

Aptana Studio 3.0.4 今回は、これをインストールして使ってみようと思う。

一説によれば、Javaが必要らしい。今回最初から入ってたため、インストール方法は割愛。
˜$ java -version
> java version "1.6.0_22"
> OpenJDK Runtime Environment (IcedTea6 1.10.2) (6b22-1.10.2-0ubuntu1~11.04.1)
> OpenJDK 64-Bit Server VM (build 20.0-b11, mixed mode)

ダウンロード
cd Downloads/
wget -c http://d1iwq2e2xrohf.cloudfront.net/tools/studio/standalone/3.0.4.201108101506/linux/Aptana_Studio_3_Setup_Linux_x86_64_3.0.4.zip
ダウンロード完了

解凍
unzip Aptana_Studio_3_Setup_Linux_x86_64_3.0.4.zip

起動してみる
cd Aptana_Studio¥ 3
˜/Downloads/Aptana Studio 3$ ./AptanaStudio3

もう普通に起動した。どうやらそのまま使えるバイナリ配布タイプのプログラムらしい。
日本語化については、ここにhttp://www.rubylife.jp/aptana/japan/なんか書いてあった。
書いてある通りにやろうと思ったら残念なことにWindowsだったが、方法としては同じであり、中身見たらわかるレベルだった。
wget http://keihanna.dl.sourceforge.jp/mergedoc/52508/pleiades_1.3.3.zip
mv ./pleiades_1.3.3.zip ./Aptana¥ Studio¥ 3/pleiades_1.3.3.zip
cd Aptana¥ Studio¥ 3
インストール完了(必要ならばここでインストールしたい場所にcp -R してもいいだろう)
日本語化
unzip pleiades_1.3.3.zip
vi AptanaStudio3.ini
-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
(一行追記した)
更に、そのまま起動しようとすると、エラーが出て止まったりするため、起動のためのランチャーを作っておこう
vi aptanastudio3.sh
#!/bin/sh

cd "/home/USERNAME/Downloads/Aptana Studio 3/"
./AptanaStudio3
exit 0
(2行目空欄、計5行)
chmod +x aptanastudio3.sh
完了。
Gnomeのカスタムアプリケーションのランチャなどで、このaptanastudio3.shを起動するようにすれば、問題ないようだ。
それにしても、真っ黒いコンソールみたいな感じの画面カラーが見にくいですなぁ。変更しないと・・・
>ウィンドウ>設定>Aptana Studio>テーマで出来そうですが。
インストールよりも、こちらの色の設定変更のほうが手間がかかる。
関連記事

COMMENT▼

その後: Ubuntu11.04にAptana Studio 3.0.4をインストールして、楽にRuby on Railsしよう

Aptana Studioには若干の問題があって、
Terminalが、2バイト文字の日本語を1バイト領域で表示してしまう。
・Terminal以外は、メニューや動作など日本語の利用に支障は無いようだ。
・他にも、特に問題は見られていない。
・この問題はどうやら、Linux固有の問題で、eclipseでも同様に起きているようなので、Linux版のeclipseの問題であるようだ。
・対策としては、AptanaのTerminalは使わないようにして、かわりにgnome-terminalなど手持ちの端末を使うしかないかも。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://doctorpeppercheerio.blog.fc2.com/tb.php/54-736c80b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

だーくちぇりー

Author:だーくちぇりー
名前:darkcherry(だーくちぇりー)
特技:器用貧乏
職業:まぜまぜ屋

QRコード

QR

検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。