どくたーぺっぱーちぇりお

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IPFireによるルーター作成 1/4

IPFireとはこれのことです。
公式サイト:http://www.ipfire.org/

Fireなのは、ファイアーウォールのことですね。断じて放火魔とかではw
しかし聖なる炎ですので、魔女狩りには使えるかもしれませんw
でもペンギンがあらぬ方向に目をやってるのは、どういうことでしょう。
困ってるっぽいですよね?IPFireのPenguinなので、IPenFireくんといったところか。

で、なんだかんだで興味を引いたので、試しに使ってもいいかなと思われ。
ここ何週間かで運用しています。

メニュー

1.概要

2.インストール方法

3.初期設定

4.その他、使い方


こんな感じですかね。



1.概要 - IPFireとは。

雑感ですが。

ルーターとして使うか、またはプロキシサーバーとして使うスタイルのようです。
単なるルーターだけでなく、既存のISP回線を管理できそうです。

メリット
・細かな設定が可能
・機能が豊富 このへんでも機能が紹介されていますね:http://en.wikipedia.org/wiki/IPFire
追加パッケージを、選んでインストールが出来る様子です。最小限の資源で、最大の効果を生み出さんとする姿勢が、いいですね。
・Linuxベースのため、Linuxに慣れ親しんだ人にはとてもわかりやすい。(ていうか、普通に使える)
・ログがしっかり見れる - 家庭用ルーターのログを見たらおよそ、内容が無いよう(><)ですからね
ログが取れるかどうかは、セキュアな管理が可能かどうかの分かれ道ですぜ。
・Webブラウザベースの設定や統計管理 らくちん。
・無料で使える(といっても、もちろんハードウェアやISP回線はてめぇで用意してくだされ)

デメリット:
・管理が面倒 - 何かと設定が必要ですので。
・日本語対応していない - 単なるルーター、もしくはプロキシサーバーですので、
日本語対応していなくても(英語かドイツ語などの対応言語で)設定がわかるのであれば、普通に使える代物です。
・フル機能はどうやらプロキシサーバーとしての運用向けらしい(そっちはURLフィルタリングとかもあるんだよね。いいなあ・・・。)

総じて、英語でも積極的に文章を読む人で、Linuxディストリビューションを複数扱ったくらいの経験は最低でもある、
iptablesのコマンドくらいは、ちょちょっと使える、みたいな経験豊かな者向けです。
機能が豊富とは書きましたが、他のルーター向けディストリビューションと比較したわけではないです。

ちなみに追加パッケージってのは、細かいものを入れると114個もありました。把握しきれん。主なものは、ざっとこんな印象です。
ハードウェアサポート;bluetooth,mdadm,cpufrequtils,parted
PBX関連:asterisk
FTPサーバー(tftpd、ncftp、vsftpd)やsamba、torrent関係のもあるので、ファイルサーバーにも出来るんですかね。rsync、nfsやgitも。
CUPS,foomaticもあります。プリントサーバーか。
e-mailサーバー、cyrus-imapd,postfix,qemu,fetchmail,amavisd,clamav,spamassassin,openmailadmin
squidclamavを用いると、プロキシ経由アクセスの際、ウィルススキャンが可能なのですかね。(今回プロキシは使いませんが、ちょっと試したい気もしますね)
guardianは、セキュリティ用?
他、解析用かな。nano,nmap,netcat,traceroute,lcd4linux,joe
などなどっ。

次の記事に続くっ!(予定)
スポンサーサイト

 | ホーム | 

プロフィール

だーくちぇりー

Author:だーくちぇりー
名前:darkcherry(だーくちぇりー)
特技:器用貧乏
職業:まぜまぜ屋

QRコード

QR

検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。