どくたーぺっぱーちぇりお

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7 から10のインストールを促す広告を完全に消すには

大した問題ではないが、どうやらMicrosoft社は、どうしてもWindows 10をインストールしてほしいらしく、
タスクトレイにWindows 10へのアップグレードを促す広告が出るようになった。
ところが広告だけでならまだ良いが、これを実行するには幾つかの忍びない点が見受けられた。

・バックグラウンドで知らぬ間に3GB程度のダウンロードを行う
(ローカルに大量にPCがあって細いインターネット回線がパンク)
・アップグレードが対応出来ないPCまで広告が出る
(PCが動かなくなり、余裕をもって買い換えの検討するわけにいかなくなる)
・アップグレードした後に、やっぱりWindows7に戻した、といった際に不具合が発動することも
(過去のIE8などで散々ひどい目に遭った通り、これはWindowsの平常運転だ)
・そもそもPCだけの問題ではない
(PCは良いのだがプリンターがWindows10に対応出来ない等)
・そもそもWindows 10はスパイウェア的なアレだ
等々。
そもそも、いくらアップグレードが2016年夏季?まで無料といっても、実行/拒否はユーザーに選択権が委ねられるべき問題だ。

そこで、Windows7 のタスクトレイに、Windows 10の白旗を掲げることの無いよう整備し、
我々の(少々古い)Windows7を守る方法を紹介する。

方法:
1.これら15行をメモ帳に貼り付け、バッチファイルとして保存(拡張子をbatとする)し、管理者実行する
2.wuapp(いわゆるWindows Update)を手動で実行し、下記のkb:??????? としている7桁の数字
(9種類あるが)に該当する数種類を発見し、右クリックし、更新プログラムの非表示にすれば良い
(つまり、これらをインストールしない事。)

taskkill /f /im GWX.exe
taskkill /f /im GWXUX.exe
wusa.exe /uninstall /kb:3035583 /quiet /warnrestart:64800
wusa.exe /uninstall /kb:2952664 /quiet /warnrestart:64800
wusa.exe /uninstall /kb:2977759 /quiet /warnrestart:64800
wusa.exe /uninstall /kb:2990214 /quiet /warnrestart:64800
wusa.exe /uninstall /kb:3022345 /quiet /warnrestart:64800
wusa.exe /uninstall /kb:3021917 /quiet /warnrestart:64800
wusa.exe /uninstall /kb:3068708 /quiet /warnrestart:64800
wusa.exe /uninstall /kb:3075249 /quiet /warnrestart:64800
wusa.exe /uninstall /kb:3080149 /quiet /warnrestart:64800
reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v "DisableOSUpgrade" /t REG_DWORD /d 00000001 /f
takeown /f GWX
cacls GWX /e /g everyone:f
rd /q /s GWX

尚ついでに、これらプログラムによって、Microsoftが何事か送信するのを防ぐ、
というのも併せて実行している。
これらをぜひ自分の判断で、自己責任で行って欲しい。(いわゆるWindows野郎的な世界の常套文句だ)
個人的にはもはやWindows10をインストールするのをあきらめた。夏頃までに気が変わる事もあるかもしれんが。
いずれにせよ、征くも地獄、引くも地獄よのう。
スポンサーサイト

今年もあと僅か

楽しい1年でした。いろいろな事がありましたね。
ブログとか書いてませんが。

Windows 10はあきらめました。
望まなくとも勝手にMicrosoftにデータ送信し、知らない第三者に接続されるP2Pのサーバーと化すのを完全に止めたとは思われましたが。
Cortana検索に入力してから、入力した文字が表示されるタイミングがあまりに遅い。
また、新しいMicrosoft Office 2013を買ったのですが、IMEのインストールはできなくなりました。
Windows 10では標準のMicrosoft IMEを使う必要がありました。これが検索候補をインターネット上のクラウドサーバーに取得しに行くのですが、おかげで入力候補が遅れて表示されたり、メモ帳が強制終了したりします。
メモ帳に大量に記録していて保存していなかった時に強制終了の画面を見た時、裏切られた気分でしたね。
そのようなものを含め、多数の不要な機能をすべて削減した時、Windows 7のほうがずいぶんましな上に動作も早い事に気が付きました。Intel Core 2 DuoのデスクトップPCもWindows 10の前には、あまりに遅すぎて使い物にならなくなります。
膨大な設定変更はレジストリのregファイル、バッチファイル、スクリプト、グループポリシーのadmxファイルとしてまとめたものを職場には保存してあります。

最近買ったPC
Lenovo X220i
こいつはCore i3のJankでしたが、安くて調子良いものだった。
SSDだけ買って入れてあります。そのうちメモリ増設もしても良い。

最近書いてるプログラム
Ruby
繰り返し構文が楽すぎて、他の言語を使う気になれない今日このごろです。
(1..100) Each
(処理)
End
こんなの。

職場では相変わらずMS Access 2013でVBA+Postgres(Linux)かOracle(ODBC接続)だったり。
i = 1
Do
(処理)
If i > 100 Then
Exit Do
End If
i = i + 1
Loop
VBAの繰り返し処理だとこんな感じか。あるいは For i=1 To 100 みたいな昔ながらのも、ごちゃまぜになるよ。

富士山の世界遺産登録

まったく今までの流れと関係ないが
今日はgoogleトップページが富士山になってた。
自然遺産じゃなくて文化遺産なので、観光客が増えまくってもいいって話なのかな。地元民としては、あまり関心しないのだけど。

春なのに、awesomeでおー寒っ!

awesomeとは、タイル型WM(ウインドウマネージャ)らしいです。
これでオーサム って読むらしいです。デスクトップ環境と違ってもっとイージーな代物だなんだ?で、流行ってるとも聞き及んだため、ここしばらく使っております。
ただ、設定はそこそこややこしい
英語読める場合、wikiを見ながらサクサク記述出来ますが
バージョンによっても設定内容が違ったりする部分あるため、よく調べないとはまる。
しかもまだマイナーなためか、google検索結果があてにならん。よって備忘録です。
# 流行ってるというのは、Linux畑の界隈でくらいの話ね

設定について
恐らく、私のやり方は間違っております。
正しい方法がどうって知らんのだw
まあ、わかるまで、いいよね。そんな感じ。
きちんと理解出来たら、またここを更新するでしょう。
ちなみに、luaって何?どう書くの?ってレベルです。

ちなみに、ubuntu 12.10 amd64でやっております。
近いOSほど似たような方法で出来るでしょう。

・awesome本体のインストール
sudo apt-get install awesome

・ログイン時にnumlockを有効にしておきたい(101キーボードなどの)場合
sudo apt-get install numlockx

・その他(っていうか何だかわからんが、試しに入れてみた)入れなくてもよいはず
sudo apt-get install awesome-extra

・インストール出来たら、バージョンを確認しておこう
awesome -v
> awesome v3.4.11 (Pickapart)
> • Build: Apr 2 2012 18:39:18 for x86_64 by gcc version 4.6.3 (buildd@crested)
> • D-Bus support: ✔

いけちゃってる感じです。
いったんログアウトし、ログイン時にいつものデスクトップ環境の代わりにawesomeを選ぶと、awesomeが有効になります。
インストールについては以上です。



<awesomeメイン設定>

設定方法は、以下の呪文で出来ます。
sudo vi /etc/xdg/awesome/rc.lua

あるいはvimが嫌なら、何か他のエディタを使ってみてくれたまえ
gksudo leafpad /etc/xdg/awesome/rc.lua


メイン設定1.テーマを変更してみよう
beautiful.init("/usr/share/awesome/themes/default/theme.lua")
の行を、次のように変更
beautiful.init("/usr/share/awesome/themes/sky/theme.lua")
awesomeを再起動(左上メニューにある)すると、全体的に黒いのから水色に変わって、壁紙も変わります。


メイン設定2. Mod4にXmodmapの記述でCaps Lockを割り当て
初期設定では、Mod4(スタート?)キーとして、某ディスク オペレーティング システムの会社ロゴみたいなSuper(旗印?)キーが割り当てられています。これをCaps Lockに変更しようって話です。
私の英語101キーボードには、そのようなキーがありませんので。
JP109キーボードとかの場合、初期設定のままでも問題ありません。
で、あとawesomeでログインしてみるとわかるのですが、ubuntuではXmodmapが有効になってませんでした。
これでいいのかわかりませんが、とりあえず強引に(?)設定してみました。
awful.util.spawn("xmodmap /home/emperor/.Xmodmap")
modkey = "Mod4"

このように、modkey = "Mod4"の行の前の行として、1行挿入しました。
言うまでもなく、emperorというのは、ユーザー名ですので、お使いのログインユーザー名に変更してください。
次に、.Xmodmapをログインユーザー権限でホームディレクトリに設定してください。2行を追記です。
vi /home/emperor/.Xmodmap

clear lock
keysym Caps_Lock = Super_L

設定したら、awesomeを再起動しましょう。左上メニューにあるのですが、 Mod4+Control+r でも再起動出来ます。しかしそれも、Mod4キーが使える状態であればの話です。


メイン設定3. Awesomeメインのバーwiboxの高さを変更
24インチ液晶モニタを使ってる関係上、初期のメインのバーが小さすぎて、クリックするたびに手が震えます。
よって、バーの高さを広く取りました。
設定箇所は、こちらでは、rc.luaの174行目にありました。
次のように、「, height = "32"」を追加してあります。

mywibox[s] = awful.wibox({ position = "top", height = "32", screen = s })


メイン設定4. ログイン時に、プログラムを自動させる
設定がバージョンによって変わったようです。
3種類のプログラムを自動起動させたかったので、rc.luaの最後に3行加えました。
awful.util.spawn_with_shell("synapse")
awful.util.spawn_with_shell("pidgin")
awful.util.spawn_with_shell("rhythmbox")


<テーマをいじってしまえ>
デフォルトのテーマのまま使う義理はありません。
かっこいい系にするのも、萌え萌え系にするのも、思いのままですが。
他人から見られることを多少は意識しておこうね。


テーマ設定1. 壁紙を変更
(たとえば、ユーザーemperorのPicturesに、wallpaperフォルダがあり、その中のpenguin.pngを壁紙にしたかったとしましょう)
/usr/share/awesome/themes/sky/sky-background.png はテーマskyの初期の壁紙です。これをお気に入りのpenguin.pngに置き換えているだけです。

sudo mv /usr/share/awesome/themes/sky/sky-background.png /usr/share/awesome/themes/sky/sky-background-old.png
sudo cp /home/emperor/Pictures/wallpaper/penguin.png /usr/share/awesome/themes/sky/sky-background.png


テーマ設定1. フォントサイズを大きく!
(もちろん小さくも出来るが)最初、文字が小さすぎて読めませんでした。

sudo vi /usr/share/awesome/themes/sky/theme.lua

-- BASICS の少し後の行で、theme.fontとなっている行を変更です。
ここで、sans のあとの数字を12に変更しました。sansというのはフォント名で、フォントサイズが続いています。
theme.font = "sans 12"


テーマ設定2. メインのバーの色を変更

skyテーマの、もとの色はこのようです。カラーコードが6桁で安心(gnome3では、どえりゃー目に遭いました)
theme.bg_focus = "#e2eeea"
theme.bg_normal = "#729fcf"
theme.bg_urgent = "#fce94f"
theme.bg_minimize = "#0067ce"

theme.fg_normal = "#2e3436"
theme.fg_focus = "#2e3436"
theme.fg_urgent = "#2e3436"
theme.fg_minimize = "#2e3436"

theme.border_width = "2"
theme.border_normal = "#dae3e0"
theme.border_focus = "#729fcf"
theme.border_marked = "#eeeeec"


テーマ設定2. 左上ボタンを押したときに出るメニューを大きく!
この設定は、メイン設定3 メインのバーwiboxの高さと、テーマ設定1のフォントサイズとともに、見栄えよく変更する必要がありそうです。
24インチ液晶のデスクトップ画面では、これくらいが快適でした。
-- MISC となっている行の少し後です。やはり数字を変更。

theme.menu_height = "32"
theme.menu_width = "200"



その他の設定
せっかくですから、メニューバーのいちばん右の、日付表示をまともなのにしたいよねえ?
次のようにすると、2013.03.18[月]20:45:15 みたいな形式にしてくれます。
秒を表示するので、timeout = 60から、timeout = 1に変更し、1秒ごとに表示を更新するようにしました。
やはり既にある行を2行変更してください。

sudo vi /usr/share/awesome/lib/awful/widget/textclock.lua

local format = format or " %Y.%m.%d[%a]%H:%M:%S "
local timeout = timeout or 1


iOS6にgoogle mapsをインストールする方法

googleたん(ググるたん)からお歳暮が届きました

というか、なんのことは無かったのですが、iphone用のgoogle mapsが13日にリリースされたとの事でした。
今はもう普通にapp storeから無料ダウンロード出来るようになっています。

いやーiOS6も便利になったね。
これで、いつiphoneをiOS6にしてもいいね。まだもうちょっとがんばるけど。


iPhone用新「Googleマップ」アプリで以前より便利になった操作方法まとめ
http://gigazine.net/news/20121213-iphone-google-maps-tips/

Google MapsのiOSアプリに早くもSDKが提供
http://jp.techcrunch.com/archives/20121212google-makes-sdk-available-for-its-native-ios-maps-app-so-that-developers-can-bypass-apples/
(゚Д゚)ハァ?
地図アプリを1から作りなおしてSDKも作ったから公開しちゃったてへぺろって・・・。
すごすぎですgoogleたん

このようなニュースがgoogle readerに続々と届いていました
これもgoogleたんのお陰です・・・。
お歳暮のお返しに、勢いで11インチのAndroidタブレットでも買っちゃおうかな


 | ホーム |  »

プロフィール

だーくちぇりー

Author:だーくちぇりー
名前:darkcherry(だーくちぇりー)
特技:器用貧乏
職業:まぜまぜ屋

QRコード

QR

検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。